FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

茨城県の旅 宿泊は「袋田の滝」近くの【思い出浪漫館】

2019.01.08 (Tue)

今日は2019年1月9日です、、、正月事納めの日と言う事で
お正月の記事は終わり・・・・
また過去に遡って記事を書いていきます~~
早く現在になるよう書いて行きます~~~ので今少しお付合いを・・・

ではでは、過去に戻り茨城旅行の続きです
2018年7月9日の事です。。。
袋田の滝を見学した後・・・
この日は近くの宿【思い出浪漫館】に宿泊です
旅館の脇には袋田の滝へ流れる久慈川支流が流れています
なかなか、旅館の名前が「思い出浪漫」とつけた事も予約時点から珍しく思ってました
では旅館内のロービーとかを撮影しています・・・

"思い出浪漫館 ロビー"
思い出浪漫館 ロビー

"思い出浪漫館 サークルラウンジ"
思い出浪漫館 サークルラウンジ

"思い出浪漫館 エントランスホール"
思い出浪漫館 エントランスホール

部屋に入り、必ず 置いて有るのが「お着き菓子」です
「思い出浪漫館」と名の入った梅餅です
"お着き菓子"
お着き菓子
温泉に入る前に御菓子とお茶を食べると良いと聞きます
温泉に入るための準備運動とか、空腹状態で入浴すると、貧血に陥りやすいので
糖分を含んだものを少し食べると良いと聞いた事が有ります。。。
では食べた後、温泉へ・・・
久慈川支流を見ながら入れる露天風呂も有ります・・・

"露天風呂"
露天風呂
とても良い温泉でしたが、内風呂が、どんなだったか忘れました!
HPを見て 何となく思い出しました。。。

入浴後の夕食は、こちらです
まずは御献立・・・

"御献立"
御献立
では運んで頂いた順番に

" 旬菜 雲丹豆腐素麺添え・鶏胸肉昆布〆・地野菜と水雲 甘長唐辛子"
 旬菜 雲丹豆腐素麺添え・鶏胸肉昆布〆・地野菜と水雲 甘長唐辛子

"雲丹豆腐素麺添え"
雲丹豆腐素麺添え

"枝豆(サービス品)"
枝豆(サービス品)

"本日の お造り"
本日の お造り

"鮎焼き素揚げ 酢橘"
鮎焼き素揚げ 酢橘

"常陸牛と地元橅豚のお茶しゃぶしゃぶ地野菜とともに"
常陸牛と地元橅豚のお茶しゃぶしゃぶ地野菜とともに

"つけ汁"
つけ汁

"御飯"
御飯

"汁物"
汁物

"冷やし煮物"
冷やし煮物

"香の物 盛り合わせ"
香の物 盛り合わせ

"季節のデザート"
季節のデザート

"季節のデザート (2)"
季節のデザート (2)
料理、とても美味しかった記憶と、量的に、多く頂いたよに記憶していて
半分でいいから半額にして~なんて思ったりしたかな???

そして翌朝です
泊まった部屋から見えた景色です

"部屋から見えた露天風呂"
部屋から見えた露天風呂

"部屋から見えた袋田の滝へ流れる久慈川支流と思い出浪漫館"
部屋から見えた袋田の滝へ流れる久慈川支流と思い出浪漫館

"部屋から見えた袋田の滝へ流れる久慈川支流"
部屋から見えた袋田の滝へ流れる久慈川支流

"部屋から見えた山々"
部屋から見えた山々

朝からお風呂に入り、そして朝食
夕食とは違う食事処です。。。


IMG_3747.jpg

"朝食は和洋バイキング"
朝食は和洋バイキング

"朝食"
朝食
バイキングスタイルで、お腹いっぱい 朝から食べました
いつも家だと食パン一枚にバナナ1本と珈琲だけなのに
お腹がビックリするくらい美味しく頂きました

正直、泊まる前は場所的に、そんなにお客さんも少ないだろうとか
期待はしていませんでしたが!!
料理も温泉も良く、旅館内部も綺麗で豪華な感じもしました。

"くつろぎ空間 らむぷ亭"
くつろぎ空間 らむぷ亭
"エントランス"
エントランス
"テラス"
テラス
茨城県内の旅に又行くことが有ったら袋田の滝と【思い出浪漫館】には
リピートしてみたいと思いました。。。

思い出浪漫館旅館 / 袋田駅



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村←ランキング参戦中です クリック御願いいたします






スポンサーサイト
23:04  |  【旅先(東京外)】で飲食  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kokubunji33.blog122.fc2.com/tb.php/1337-5f712fea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |